2017年4月19日水曜日

四万十川 カヌー旅 ②

カヌー旅3日目!
翌日、、、☂は朝から止んで晴れていましたが、
前夜の☂は250mm。
さらに上流のダムの放流もあり、川は一変。

予想はしていましたが、予想通りとは・・・(^^;

とりあえず自転車を借りて、下流の岩間の沈下橋へ偵察~(^^♪

橋が沈下してくれれば、橋の上を下れるのですが、

ギリギリくぐれない感じ・・・\(^o^)/
というわけで、自転車で戻り、道の駅で

美味しいアオサパスタの昼食と、

昨日に続き再びスイーツを(*^▽^*)

昨日カラスに食べられてしまった栗もちを再購入し、

水が引くまでのんびりティータイム~。
上流のダムに放流量を確認したり、河の水位変化をネットで確認しまがらお昼寝タイム💤

夕方、ネットで水位を確認し、準備した荷物をカヌーに積み込み、出発準備(^^♪

荷物を載せこみ、いざ出発!
川の水量が多いので、通常の半分の時間で快速川下りができる予想。。。

途中の大きな河原で休憩。
予想通り、かなりの速さで下ることができ、
先ほどの下見の際はこんな状況だった岩間の沈下橋も、



くぐれそう(#^.^#)

ギリギリくぐれました~!

そして調子に乗って,
快調にくだっていくと、、、
口屋内の沈下橋をくぐった、その瞬間、進路を大きな木々にふさがれて、あえなく沈。。。。


カヌーもろともひっくり、なんとか泳いで岸へ。
カヌーは流されてゆきましたが、幸運にも100mくらい先のエディー(逆渦)に入ってくれて、くるくる回っていてくれるのを見つけ、川沿いの道路を走っていきカヌーを確認。

そして、通りがかりの、カヤックが置いてある家のドアーをたたき、沈してしまいました!助けてください!と頼み、カヌーレスキューをしていただくことに。
ラッキーなことに、カヌーガイドもする腕前のかたが、喜んでレスキューに参戦してくださり、、

僕らの沈したカヌーをカヤックで引っ張って、岸まで持ってきてくださいました~\(^o^)/
エディー部分は浸水も深く、カヌーは一度沈すると、水中で再びひっくり返すのはとても困難なので、写真のようにひっくりかえったまんま引っ張ってもらいました。

荷物はしっかり防水バックに入れてカヌーに固定していたため、貴重品や車のカギ、衣服や寝袋は濡れておらず!本当に良かった!
テントはビシャビシャ・・・そして、ズボンのポケットにいれていた携帯電話と、ジャケット、ジャケットのポケットにいれていたデジタルカメラ、簡易テーブル、カヌーを組み立てるハンマー、が流されてしまいました。
川を汚してしまってごめんなさい<(_ _)>

幸い流されたのは上記だけだったのと、カヌーは全く損傷しておらず、カヌーレスキューをしていただいたのち、そのカヌーを使ってパドルも回収に行くことができたので、意外と意外と平気な感じ???

さらに奇跡的に炭も乾いていたので、さっそく火をおこし、

予定の餃子鍋を作りました。
食材はみんなビショビショでしたが、野菜は洗う手間が省け、しかもメニューが鍋なので、気にしない~!

ご飯は飯合で炊いて、四万十の味の炊き込みご飯を♪

美味しかった~!
沈したわりには意外とメンタル的にもダメージを受けておらず、、、笑

レスキューしてくださったS氏の自宅に招かれて、ビールをいただきながら、

貴重なお話しをたくさん伺いました(^^♪
本当にありがとうございましたー!!!

夜、就寝前に夜露がすごそうな予感がしたので、急遽、東屋の下をおかりして、テントで就寝。
まわりが乾いていればテントは乾くのが本当に早いです。

朝は、豆から挽いたキリマンジャロから持ち帰ったキリマンジャロコーヒーを~☕

濡れた紙幣も丁寧に乾かして・・・笑

沈をした、記念すべき口屋内沈下橋を眺め、

めげずに、昨日引き上げた場所から

再び出発~!

今日は夕方の飛行機の時間があるので、頑張って漕いで中村の街を目指します!

途中、休憩は、

美しい沈下橋~

気持ちいい~\(^o^)/

結構たくさん車が通り、今でも地元の人たちの大事な橋であることを感じました。

自分たちのカヌーをながめながら、のんびり休憩♪

昨日の沈のドタバタをすっかり忘れるような、たおやかでおだやかな四万十川。

ふたたび下流をめざして、頑張って漕ぎます!

途中でサボる奴も・・・

今日はすべての沈下橋をらくらくでくぐれました~。

上陸ポイントで上がり、無事終了~!

中村の駅に車を取りに行き、ご覧のように乾燥乾燥乾燥~!!!

そしてそして、沈したカヌーの中で割れなかった卵を使って、昼食はパンケーキ―を。

チョコレートとバナナものせてみました♪

運転しない人はビールを飲みながらスラックライン!
絶妙のバランス感覚です(^^;

せっかくなのでハンモックも張って、のんびりタイム。
目の前にあった帆船の観光会社の方々もあきれるほどの、余裕ぶりで(^^;

トンビにさらわれないように、美味しくいただきました~

卵&ベーコンバージョンも(^^♪

飛行機の時間に合わせ、途中で温泉に入り、高知空港へ。

めげないメンバーで楽しい楽しい4日間。
地元の方々との交流も楽しんで、四万十川の素晴らしい自然を身をもって体感することができました。

四万十川は、またいつかもう一度下りたい川です(^^♪

そしてすぐに携帯会社へ行き、携帯を再購入・・・。
3日間くらい、電話がつながらなくて、ご迷惑をおかけした皆様、スミマセンでした~!


カメラ📷を流されてしまったので、今回の写真はすべて、同行者の2人が撮ってくれた写真を使用させてもらいました(^^;

2017年4月17日月曜日

四万十川 カヌー旅 ①

4/16-19はガイド仲間と友達と四万十川のカヌー旅へ。
キャンプをしながら3泊4日で約50Kmを下る予定。
高知空港で合流し、四万十川沿いを走ると、「鯉のぼり~\(^o^)/」

天気予報は☀☂☀☀の4日間予報。
当初、初日は漕ぐ予定はありませんでしたが、2日目が大雨予報なので、急遽下ることにして、カヌー組み立て開始。

どんどん組み立てます。
これ、なかなか大変な作業なんです。。。(^^;

完成!
今回は、同行者の許可のもと、顔写真も載せちゃいます。

半家(はげ)の沈下橋からスタートします。
車はあとで自転車に乗って回収に来ることに。

ん???野球?

河原に運んで、

再度チェックと準備をして、

いざ、

四万十川~(#^.^#)

長生の沈下橋を通過します。
このパートは大きな岩がたくさんあって、結構難しいパートです。
難しいパートは、パドリングで忙しいので写真はありません(^^;

夕日が沈む頃、 西土佐にあるカヌー館の前に到着。

本来テントを張る予定でしたが、翌日250mm超えの豪雨予報につき、ビショビショになるのは嫌なので、快適なコテージに泊まることに。

到着後、自転車で車を回収しに行きました。
この自転車タイムが、また気持ちいーーー!
下ってきた川沿いに遡るのですが、夕方の涼しい風と川の音、子供たちが遊びながら家路に着く声などを聴きながら、とっても良い時間(^^♪

車を回収後、自転車を車に積んでカヌー間へ。
途中、スーパーと精肉店と道の駅で地の物を購入して夕食の準備。

夕食は炭火をおこして、

精肉店で購入した四万十牛や豚や鳥などなど。
飯合で、仁井田米のごはんも炊いて。
うまーい!!!の連発でした♪
夜は土砂降りの雨~~~。

翌朝、道の駅に朝ごはんを買いに行き、朝から強烈な鯖寿司!!
この風体に思わず買わずにはいられませんでした(^^;
もちろん味は最高でした!
翌日は予報通りの☂☂☂。
なので、この日を車の回送日にあてて、河口近くの中村駅まで車をおろして、路線バスで再びカヌー館へ。



中村駅に車を置いて、

一日に数本しかない、路線バスで。
バスの運転手さんや、乗客のおばちゃんと和気あいあいトークを楽しみながらのんびり旅でした(^^♪
楽しい路線バスの旅はあっという間。


今回は近くの西土佐道の駅を何度も利用させていただきました。
食堂の美味しい郷土料理、そして併設されているケーキ屋さんのケーキはとても美味。
どちらも2度ずつ行かせていただきました~。

明日は晴れますよーに。
ダムの放流がありませんよーに。